公的支援機関の皆様へ
当社専門家による「0円店舗再生」の進め方

① オンライン相談または面談(無料)・・・実行による売上拡大規模の可能性を検討します

② 資金状況についての相談(無料)・・・改善計画の策定には実費がかかります(※)

③ 現地確認と改善コンセプトの提案・・・訪問には実費がかかります(※)

④ 現地実測・・・実測を行わない場合もあります

⑤ ビフォーアフターの図面提案・・・図面には実費がかかります(※)図面が不要な場合もあります

⑥ 改装実施・・・訪問には実費がかかります(※)

​⑦ フォローアップ(無料)・・・オンラインまたは面談で効果を確認します

​(※)につきましては、完全0円とするために、貴所にて活用できる制度等をご検討ください

「0円店舗再生」について 

 

 日本はかつてない人口減少と高齢化による経済規模の縮小に入っている

 そのため都市部集中による地方商業の衰退による店舗の廃業、生活者の流出連鎖が起きている

 すでに店舗が消滅し生活ができない地域も生まれつつある

 この流れは今後もさらに加速すると予想されている

 地方都市では、30年前からそのままの店舗が老朽化し、陳列している商品だけが変わっているものの、

 売上と利益の低迷に店舗経営者は悩み苦しんでいる

 こうした店舗はわずかにそれを必要とする地域の固定客にのみ支えられてはいるが、経営として持続できる状況ではない

 店舗は固定客だけを守っていれば衰退していく

 常に新規客の獲得と固定化を繰り返さなければならない

 商圏内には新規客がいないと嘆く経営者がいるが、新規客がいないのではなく来ないのである

 感性が成長し続ける顧客との接点である店舗が持続して成立できていないのは、店舗の変化対応への遅れが原因である

 地方ではコンビニエンスストアの競争がなく、大手コンビニチェーンができると途端に大人気となる

 地方には行きたい店がないために、地域を諦めている新規客となるはずの顧客は実は潜在している

 小売業は変化対応業といわれている

 大手小売業では顧客の変化に合わせて、品揃えのみならず大型化、業態化などによる変化を重ねてきた

 地方店舗はもっとも顧客に近い位置に存在しているために、その変化に気づくのが遅れ、

 また自らが改革に取り組んでいくためのノウハウが不足してきた

 こうした地方商業再活性化を実現し、地域顧客との親密な関係性を高次元で再構築し直すために

 費用をかけない「0円店舗再生」というあらたな概念に基づいた取組みを立ち上げた

 行動心理と顧客心理に基づいて理論を体系化し、さらに顧客を喜ばせる店づくりアイデアを付加している

 地方では感性が不足しているが故に、顧客へ価値を提供できていないことが多い

 店舗MDに関わる売り場づくりの専門家は経営が厳しい店舗の改善には手を出さない

 お金をかけないで効果を上げる売り場づくりは難易度が高いからである

 幸い公的機関で、こうした成果が上がる売り場づくりの効果検証が数多く実現できたことは大きな自信になった

 このような「0円店舗再生」に取り組んだノウハウを提供しながら、実践を行っている

 Instagramにて、その改善成果を公開中

キャプチャ0.GIF
キャプチャ.GIF